えびの市で粗大ごみ・不用品を格安で処分する方法をまとめました。えびの市内での粗大ごみ・不用品格安処分はもちろんのこと、買取りしてもらう方法までの全知識です。

えびの市内でお金をかけずに処分したい方必見情報です。ぜひご参考にされてください!

お片付けにも対応中!1点からのお片付け、遺品整理、ゴミ屋敷化してしまった状態でも、お引越しなどでのお急ぎの場合でも対応可能。ぜひタカラリサイクルの不用品回収サービスをご利用ください。

えびの市内の粗大ごみとは?

公式サイトによると、えびの市の粗大ごみとは以下のものが当てはまります。
※行政・自治体で粗大ごみを処分できるのは「えびの市内に居住所がある個人」に限ります。市外に居住所がある場合や事業者は対象外です。

えびの市の粗大ごみ 下記記載の可燃性粗大ごみ・不燃性粗大ごみです。

粗大ごみ一例 <可燃性粗大ごみ>

  • 搬入できる大きさの制限は、180センチ×100センチ×100センチまでです。直径及び厚みが15センチ以上のものは処理できません。
  • タンス・こたつ・机・椅子
    ※金具などは取り外してください。
  • カーペット・じゅうたん・レジャーシート・たたみ・布団・シーツ・ふすま・しょうじ・ソファー・あんま機・スプリングマット
    ※燃やせる部分と燃やせない部分とに分けてください。

<不燃性粗大ごみ>

  • 搬入できる大きさの制限は、150センチ×90センチ×90センチまでです。鉄類で直径及び厚みが2ミリ以上のものは処理できません。
  • 自転車・一輪車・金属机・ミシン・指定袋に入らない大型電化製品
  • ガスコンロ・石油ストーブ
    ※灯油は抜いてください。
    ※電気コードは切ってください。
  • 危険物(包丁、ハサミ、かまなどの刃物類)
処分不可能なもの
  • 家電リサイクル対象品目(テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコン)
  • その他(消火器、ガスボンベ、バッテリー、タイヤ、自動車・バイク及びその部品、ブロック・コンクリート、瓦・タイル・スレートなどの建築廃材、ポンプ・モーター、ボイラー、太陽熱温水器、浴槽・サッシ、農機具及びその部品、農業用廃ビニール及び農業用廃プラ、農薬・劇薬、ペンキ・塗料・廃油その他液状のもの、医療系廃棄物(注射器・輸血パックなど)、ピアノ、その他特殊機器
    ※上記の物は、下取りに出すか、専門業者及び取扱店に相談してください。

※上記は一部です。他にも処分できないものもあるので、行政にお問合せください。

参照元 宮崎県えびの市 公式ホームページ
問い合わせ先 えびの市役所
TEL:0984-35-1111

粗大ごみの格安処分方法は1種類

持込処分の方法

えびの市内で粗大ゴミ・不用品を格安処分する方法は自治体を活用した「持込処分」の1種類。格安処分かつ安心して処分することができるのでオススメの方法です。
※2020年8月現在:えびの市では戸別回収は行っておりません。

持込処分の方法

「有料で事前申込不要」です。
以下の手順にしたがって処分しましょう。

(1)施設へ自己搬入する

事前に予約の必要はありませんので、施設の受入れ時間内に持ち込んで下さい。

施設名 えびの市美化センター
住所 えびの市大字坂元1040番地
電話番号 0984-33-5782
受入曜日・時間 月曜日~金曜日・第3日曜日:午前8時30分~正午・午後1時~午後5時
第1・第2・第4・第5土曜日:午前8時30分~正午(午前のみ)
※土曜・日曜が祝日となった場合は、休みとなります。

注意事項
  • 午前は午前11時30分ごろまで、午後は午後4時30分ごろまでに持込んでください。
  • 正午~午後1時の間は、工場内の消毒のためごみの受け入れはできません。
  • 粗大ごみは処理手数料が必要です。
  • 作業員の指示に従って搬入された方自身で指定の場所にごみを降ろしてください。
  • 降ろしやすいように、できる限りごみの種類ごとに寄せて持ち込んでください。

(2)処分代を現金で支払う

美化センターの窓口で、ごみの重さを計量し、ごみを降ろした後に現金で支払っていただきます。
料金:10㎏ごとに180円