さくら市で粗大ごみ・不用品を格安で処分する方法をまとめました。さくら市内での粗大ごみ・不用品格安処分はもちろんのこと、買取りしてもらう方法までの全知識です。

さくら市内でお金をかけずに処分したい方必見情報です。ぜひご参考にされてください!

お片付けにも対応中!1点からのお片付け、遺品整理、ゴミ屋敷化してしまった状態でも、お引越しなどでのお急ぎの場合でも対応可能。ぜひタカラリサイクルの不用品回収サービスをご利用ください。

さくら市内の粗大ごみとは?

公式サイトによると、さくら市の粗大ごみとは以下のものが当てはまります。
※行政・自治体で粗大ごみを処分できるのは「さくら市内に居住所がある個人」に限ります。市外に居住所がある場合や事業者は対象外です。

さくら市の粗大ごみ 可燃ごみの「指定ゴミ袋(40リットル相当)」または、不燃ごみの「規定のコンテナ」に入らない大きさのものです。

粗大ごみの例
  • 家具類:タンス、応接セット、机、いす、座いす、書棚、食器棚、鏡台、化粧ケースなど
  • 生活用品類:ガステーブル、スピーカー、こたつ大、ストーブなど
  • 敷物、寝具類:ふとん、ベッドのマットレス、じゅうたん、カーペット(電気カーペット)、電気毛布など
    ※電気コードは取り外し「不燃ごみ」に出してください。
  • その他:物干し竿、スキー板、一斗缶、ポリタンク、ゴルフ用具、ギター、旅行カバン、自転車、風呂マットなど
    ※ポリタンク、一斗缶等は、必ず中身を使いきって乾燥させてから出してください。
処分不可能なもの
  • リサイクル家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコン)に該当するもの
  • 事業活動に伴って生じた粗大ごみ
  • プロパンガスボンベ、自動車・バイク、消火器、灯油・重油等、タイヤ・ホイール、注射針、ドラム缶、農薬・化学薬品、バッテリー、軽量ブロック、産業廃棄物
  • 建築工事等から出たごみ

※上記は一部です。他にも処分できないものもあるので、行政にお問合せください。

参照元 栃木県さくら市 公式ホームページ
問い合わせ先 環境課
TEL:028-681-1126

粗大ごみの格安処分方法は2種類

粗大ごみの格安処分方法

さくら市内で粗大ゴミ・不用品を格安処分する方法は自治体を活用した「戸別回収」「持込処分」の2種類。どちらも格安処分かつ安心して処分することができるのでオススメの方法です。

戸別回収の方法

戸別回収の方法

「有料で事前申込制」です。
以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。
市役所環境課(第二庁舎)または喜連川支所市民生活課窓口で申請後、市で収集します。

訪問収集のできる日程は限られていますので、早めに申請してください。また、料金は申請時に窓口で前払いとなります。

※家の中から運び出すことはできませんので、家の外に出してください。

申込先 住所 電話番号
環境課 〒329-1392
栃木県さくら市氏家2771番地
028-681-1126
喜連川支所
市民生活課
〒329-1492
栃木県さくら市喜連川4420番地1
028-686-6611

※受付時間:月曜日から金曜日 午前8時30分~午後5時15分まで(祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

申請時の必要事項
  • 処分する粗大ごみの数
  • 処分する粗大ごみの大きさ、付属品
    【例】
    家具の場合・・・高さもしくは幅が170cmを超えるものについては手数料が変わります。
    ソファー、ベッドの場合・・・スプリングの有無で手数料が変わります。
  • 印鑑
  • 料金 ※各手数料については、「粗大ごみ手数料品目一覧」をご確認ください。

市の許可業者へ依頼する

市の許可している一般廃棄物収集運搬許可業者に依頼してください。料金など詳細は業者ごとに異なりますので、各「一般廃棄物収集運搬許可業者」にお問合せください。

持込処分の方法

持込処分の方法

「有料で申込不要」です。
以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。

持込み処分の注意点
  • 受付窓口で住所が確認できる身分証(免許証など)の提示が必要となります。

受付時間内に持ち込む

名称 塩谷広域環境衛生センター
住所 さくら市松島823
持込受付時間 月曜日から金曜日
午前8時30分~正午 午後1時~午後4時30分
土曜日 午前8時30分~午前11時30分
※休み:日曜日・年末年始
電話番号 028-682-5619
料金 10キログラムにつき150円